今日は解脱会の大祭ですが、私は、近場の五柱五成神社へ近いうちに参詣したいと思います。

私は確かに、解脱会の行事で、右往左往させられるのが嫌いなことは嫌いなのであります。 六大行事に必ず参加しましょう。 などのような標語があまり好きではありません。 家にいながら、世界中をかけずり回ることが、インターネットが…

"今日は解脱会の大祭ですが、私は、近場の五柱五成神社へ近いうちに参詣したいと思います。"

【応援】ああ、そうですね。解脱をすれば、声が聞こえて、運ばれるのでありますよ。その事を知らないといけない。

何も知らない人間が、途端に、神の叡智を知ることに繋がるのであります。 神々の声や、先祖霊の声が聞こえる人は、きっと得をします。 しかし、声が聞こえすぎると、しょっちゅう頭痛がするなりの事が起きまして、気の毒なことに、短命…

"【応援】ああ、そうですね。解脱をすれば、声が聞こえて、運ばれるのでありますよ。その事を知らないといけない。"

【応援】我もそう思います。小林家の先祖霊は厳しく言う人が多すぎると思います。

例えば、KOUJI殿は、子供の頃、確か、生徒会長にもなった経歴がありますが、親や先祖の、子孫へ対する要求度合いが多すぎたために、まだまだ成長しなさいみたいな感じで、子育てを、親と先祖がさせたために、このKOUJI殿は行く…

"【応援】我もそう思います。小林家の先祖霊は厳しく言う人が多すぎると思います。"

【応援】人間、解脱すれば、きっとその後は、余裕を持って生活が出来よう。

さて、私は、このKOUJIとやらに、厳しいことを言って聞かせようとは一切思わない。何故かというと、解脱が出来ているのでありますから、先祖に厳しく言って聞かせておきます。 KOUJI殿の方が、霊格、人格も高いので、きっと先…

"【応援】人間、解脱すれば、きっとその後は、余裕を持って生活が出来よう。"

【応援】ああ、KOUJI君、私は残念だと思いますよ。KOUJI殿のような方が、解らないでもないであろうからなぁ。

KOUJI殿は、このように、我のような菩薩霊の御霊の声も聞こえてきて、文章もこのように自動書記できるのでありますから、 解脱会の大祭に行って欲しいという、先祖霊の声が聞こえないでもないであろう。何時も天茶供養をしているか…

"【応援】ああ、KOUJI君、私は残念だと思いますよ。KOUJI殿のような方が、解らないでもないであろうからなぁ。"

【応援】ああ、KOUJI君。君は今日は、解脱会の大祭ではなかったのですか?

解脱会の大祭に、参加しないと、きっと結婚も、就職だって、決まっていかないと思います。 さて、実は、そんな事を仰っておりますのは、KOUJI殿の小林家側のご先祖様であります。 しかし、これらのご先祖様は、皆立派そうな様相を…

"【応援】ああ、KOUJI君。君は今日は、解脱会の大祭ではなかったのですか?"

今日の天気は、とても過ごしやすく、ここ最近は、お墓参りも行ってきたし、そして大祭もあります。

そういうことで、順調に運ばれているし、お守り頂いているなと思います。 今日は、お昼に、大変大好物な、ササニシキか、コシヒカリのお弁当を頂きました。ローソンで売っておりまして、そんなに高くないですよ。ご飯と鮭がメインであり…

"今日の天気は、とても過ごしやすく、ここ最近は、お墓参りも行ってきたし、そして大祭もあります。"

【応援】解脱会では、そろそろ大祭の準備でお忙しそうですね。

解脱会では、そろそろ大祭の準備で忙しいでしょう。 行きたい、行って、大祭の楽しみを共有したいという方は、是非行ってみるといいですよ。 ご利益も沢山、溢れるほど持ち帰ることが出来ます。このご利益目当てでいいから、是非とも、…

"【応援】解脱会では、そろそろ大祭の準備でお忙しそうですね。"

お蔭様で、天気も、日本語で表示できるようになりました。

実は、まだ、曇り時々雨などのような表示の仕方は出来ませんが、そこまでやろうとすると、きっともっと複雑なプログラムになるでしょうから、私は今のままでいいと思っておりますよ。 ですから、曇り、とか、晴れとか、雨とか、霧とか、…

"お蔭様で、天気も、日本語で表示できるようになりました。"

【応援】おおそうかね、それはそれは、KOUJI殿、今度は天気を日本語で表示させることが出来るようになったのかね? 素晴らしいですなぁ。

KOUJI殿はどこまでも進歩進展していきますな。ホッホッホ。皆さんも、自分の力をここまでだと線引きしないことでありますよ。 自分の力を無限大に持って行きたければ、必ず、自分のことを過剰に評価させないことであります。むしろ…

"【応援】おおそうかね、それはそれは、KOUJI殿、今度は天気を日本語で表示させることが出来るようになったのかね? 素晴らしいですなぁ。"

【応援】人間、目の検査も順調に終わって、色々と捗りますねぇ。今度は、天気かね。

今度は、天気も、日本語で表示させることが出来るようになったということですなぁ。ホッホッホ。 それは、とても微笑ましいことでありますね。 その結果、皆さんも、興味がありますねと見て下さっておられる方も、少し増えてきたかな?…

"【応援】人間、目の検査も順調に終わって、色々と捗りますねぇ。今度は、天気かね。"

【応援】そうだね、KOUJI殿、墓参りに行った後辺りから、順調のようでありますな?

順調のようですね。さて、KOUJI殿、我は誉めて遣わしたい。それは、天候の日本語のものも、自動ツイートに表示させることが出来るようになったではないかね? それは、とても進歩したことからだと思います。よく出来ましたね。 そ…

"【応援】そうだね、KOUJI殿、墓参りに行った後辺りから、順調のようでありますな?"

【応援】おお、KOUJI殿、今度は、天気予報の要の、天候ね、晴れとか、雨とか。そういうのも表示させることが出来るとな。

天気予報の、天気を(晴れとか、雨とか)表示させることが出来るようになったなぁ。 それはとても素晴らしいことであります。そして、その言語も英語ではなく、翻訳して、Clearなら晴れ、Cloudsならば曇りと表示させることが…

"【応援】おお、KOUJI殿、今度は、天気予報の要の、天候ね、晴れとか、雨とか。そういうのも表示させることが出来るとな。"

今日は、湿度も自動ツイートに追加することが出来ました。とても楽しく生活が出来て嬉しく思います。

このツイートは、私がプログラムを組んで作ったのだなぁという物が、あって、とても目が楽しく思います。 しかしながら、まだまだ私は未熟者であります。例えば、もっと高度なプログラムを組んで下さいと言われたら、出来ないであろうし…

"今日は、湿度も自動ツイートに追加することが出来ました。とても楽しく生活が出来て嬉しく思います。"

【応援】よく、努力して、APIから、湿度を取得し、自動ツイート出来るまでにしたね。お疲れ様です。有り難う。

KOUJI殿の進歩、進化はまだまだ続くであろう。 その理由は、自分で自分のことを、過剰に評価していないからであります。 常に、「自分はまだまだ未熟者であります。皆さんどうぞよろしくお願いします。」 というように、思い、常…

"【応援】よく、努力して、APIから、湿度を取得し、自動ツイート出来るまでにしたね。お疲れ様です。有り難う。"

【応援】私はKOUJI殿が、また、精進してくれて嬉しく思います。有り難う。今度は湿度ですかね。

KOUJI殿が、進歩の度合いをとどめることなく、進めてくれるので、我も人間もこのように生きれば、皆さんの技術力もどんどん上がっていくのでありますと言いたく思います。 人間は、自分の力はこれ以上はないであろう? と皆さん、…

"【応援】私はKOUJI殿が、また、精進してくれて嬉しく思います。有り難う。今度は湿度ですかね。"

【応援】ああ、KOUJI殿、自動ツイートに、湿度も追加したのかね? それはそれは(笑)。

ホッホッホ。それでこそ、真の勇者であります。 さぁ、今日はお昼になりまして、皆さんも如何でしょうかね? KOUJI殿もまだ、お昼は頂いておりませんな? そうだね、後は、Cactiもインストールして、動かしておりますな? …

"【応援】ああ、KOUJI殿、自動ツイートに、湿度も追加したのかね? それはそれは(笑)。"

【応援】KOUJI殿、また精進しましたなぁ。ホッホッホ。

KOUJI殿の進歩、精進は止まることなく進んでいくなぁ。 そう、皆さんも、ある程度、パソコンが使えます。ということでは、進化の度合い、精進の度合いも、「ある程度」しか進んでいないのであります。 しかし、その「ある程度」の…

"【応援】KOUJI殿、また精進しましたなぁ。ホッホッホ。"

【応援】さぁ、今日は、自動ツイートも湿度を加えて、運用できますかね?(笑)

KOUJI殿の自動ツイートは、また進化を遂げましたようであります。その内容は、今度から、別サイトのAPIから、湿度を取得して、自動ツイートする物でありますね。 そういう高度なことも、出来る。さて、皆さんは、こんなこと、簡…

"【応援】さぁ、今日は、自動ツイートも湿度を加えて、運用できますかね?(笑)"

有り難うございました。私は、風邪も治りまして、昨日はお墓参りしてきましたよ。

お墓参りを昨日してきました。 風邪は治りまして、神々様、ご先祖様、一般の皆さんにも、ご心配をお掛けしてきましたが、お蔭様で治りましたことをご報告申し上げます。 有り難うございました。お墓には、お参りしたくらいから、雨が降…

"有り難うございました。私は、風邪も治りまして、昨日はお墓参りしてきましたよ。"